tekine.jp 適値 店舗版

お店を予算内で造りたい方にお薦めです

中古と新築で迷っております。

time 2018/06/19

中古と新築で迷っております。

はじめまして。
他の方も質問されている事項ではありますが、新築、中古築10年、築25年の3物件で悩んでおります。
土地込みの価格はグレードが違うものの新築と築10年のものが同じくらい、築25年のものはその半額くらいです。

価格的な魅力から築25年のものをリフォームしてという案を考えていますが、やはりそうなるとあと何年住めるのかが気がかりです。現在40歳のためあと30~40年はもって欲しいといったところです。状態やメンテナンスによるというお話しを聞きますが、現在の状態は何かしらの調査でわかるものなのでしょうか。
適切なメンテナンスにかかる費用を考えた場合40年くらいをみてどれくらいかかるものなのでしょうか。

この相談に回答しました

2018年 6月19日
はじめまして

新築と中古物件の違いを簡単に説明します
経年劣化といって建物は建てた瞬間から劣化が始まります
(極端な表現ですが)
その劣化が現れてくるのが3年から5年ぐらいです
特に外装部のシール、コーキングという部分の耐用年数は5年と言われています
特に自然環境も著しく変化しているので、紫外線などの影響も変化しています

さて、10年と25年という期間だけの差を考えると倍以上の年数が経過しています
当然、周囲の環境や使い方などで建物維持管理によっては違いがありますが
日本の場合維持メンテナンスにお金を掛けない風習があります

結論として、30-40年を持たせたいという場合は新築と同じくらいの金額が総額で
掛かる可能性があります

しかし、そこは何を治すか。という具体的な部分によります
基礎、土台、屋根、水回り(お風呂、トイレ、キッチン)という部分の内部を確認
しないと購入判断は難しいでしょう

一般の方の場合、観ることが出来るか?わかりませんが点検口などから入る場合
や無い場合は付けて頂くようにお願いするなど、して目視をする必要があります

ローコスト支援、応援をしています
info@tekine.com

down

コメントする




*

店舗でお悩みなら

ご相談フォーム

無料相談受付中!

質問受付時間:随時対応

電話:03-6869-1817

今なら電話に掛けると
無料相談30分延長中!
お気軽にご連絡下さい。

twitter

運営会社

計画院